まごチャンネルはパソコン繋いで操作できないの?

まごチャンネル本体には、ご年配の方が混乱しないように余計なボタンや端子は一切ついていません。

 

これだったら、両親が操作に迷った挙句むやみやたらにボタンを押したりすることはできないので安心ですね。

 

ですが、本体裏側をみるとそこにはUSB端子が・・・。

 

 

 

確か、まごチャンネルの接続はテレビとHDMIケーブルで繋ぐだけで終わりだったはず・・。


 

 

なんだかこのUSB端子、ちょっと気になりますよね。

 

そこでここでは、

 

  • まごチャンネルUSBは何のためにあるのか?
  • パソコンとの接続で他に何かできることがあるのか?

 

についてみていきます。

 

USB端子の用途はしっかりと決まっていた

 

調べた結果、まごチャンネル裏側についているUSB端子は容量拡張用の端子でした。

 

まごチャンネル本体には、

 

  • 写真であれば約5万枚
  • 1分程度の動画であれば約2000本

 

保存しておくことができます。

 

普通に使えば、3〜4年は十分に使える容量です。

 

 

うーん。
我が家は写真や動画を撮る量がすごいからそれで足りるのかな?


 

なかには、こんな風に思われる方もいますよね。

 

ちなみに私もこう思ってしまうタイプです。

 

でも、こんな時のためにUSB端子がついているんです。

 

まごチャンネル受信ボックスの容量がいっぱいになってしまうと、新たな写真や動画を送ることができなくなってしまいます。

 

そんな時は、まごチャンネルサポートセンターに連絡しましょう。

 

まごチャンネルサポートセンター

 

電話:050-6860-5481

 

受付時間:平日10時〜18時

 

本体のUSB端子を使用して、容量拡張サービスを行ってくれます。

 

ただし、現在のところは料金はまだ決まっていないようです。

 

まごチャンネルは発売されてまだそれほど経っていません。

 

容量拡張サービスを利用する人がまだいないのでしょうね。

 

公式サイトには、料金について「ご利用いただきやすい価格設定」にする予定でいると記載されていました。

 

容量拡張サービスは最後の手段

 

 

できれば、有料の容量拡張サービスは利用したくないなぁ。


 

なんて思ってしまいませんか?

 

わたしだったら、なんとか有料のサービスを使用しないで解決したい!と考えてしまいます。

 

その理由は、

 

  • 少しでも安く抑えたいから
  • わざわざ本体をサポートに送らなければいけないのが面倒だから

 

です。

 

そんな方には、普段からまごチャンネルアプリ内の写真や動画の整理をおすすめします。

 

まごチャンネルアプリ内から消去した写真や動画は、まごチャンネル本体からも削除される仕組みになっています。

 

普段から定期的にアプリ内を整理しておけば、容量がいっぱいになって困ってしまうことはありませんね。

 

  • せっかく送った写真や動画を消去しなければいけない
  • 写真や動画をわざわざ整理するのが面倒

 

たしかにこんなデメリットはありますが、その分有料の容量拡張サービスを利用しないで済みます。

 

USB端子をパソコンに繋ぐ方法

 

 

まごチャンネルのUSB端子をパソコンに接続して何かしようと思いこんなことを検索しませんでしたか?

 

  • まごチャンネル内の写真や動画の整理をUSB接続したパソコンから行いたい
  • まごチャンネルに送った写真や動画をパソコンとUSBで接続してバックアップをとっておきたい

 

きっと、こんなことを望んでいる方もなかにはいらっしゃるのかと思います。

 

ですが、まごチャンネルのUSB端子はあくまで容量拡張サービス用の端子です。

 

ご自宅のパソコンとの接続は故障の原因になる可能性がありますので、絶対に避けましょう。

 

まとめ

 

まごチャンネルのUSB端子をご自宅で使用することはありません。

 

「このUSB端子は家では使えないからね。」

 

ほとんどの方が大丈夫だとは思いますが、ご両親がパソコンなどに詳しい場合は一言言っておいた方がいいのかもしれませんね。

 

ちなみに、まごチャンネル受信ボックス内の写真や動画は専用アプリからしか消去することができません。

 

テレビに映し出された写真や動画を選択して消去するような機能はありませんので覚えておきましょう。

 

ただし、アプリ内から写真や動画を突然削除してしまうと、両親が驚いてしまう可能性があります。

 

ウチの両親もそうですが、何度も何度も同じ写真や動画をいつも見ています。

 

あなたが消してしまった写真や動画が、ご両親のお気に入りかもしれません。

 

消去するときは、一言声をかけてあげるのがいいかもしれませんね。